記事をお読みになる前に
応援クリックしていただけると
予想の励みになります!


人気ブログランキングへ



どうも、馬券人です。

 

第64回有馬記念(2019年)の勝ち馬はリスグラシューでしたね。

強烈な末脚を披露して5馬身差の圧勝。

 

リスグラシューの取捨は最後まで悩みましたが、アーモンドアイとリスグラシューのどちらかしかないような気がしたため、アーモンドアイを選びました。

要は、2択を間違えたということです(笑)

 

2、3、4番人気の三連複が万馬券ですから、かなり美味しい馬券でしたよね。

もっと荒れると想定して中山巧者を中心にヒモ荒れを期待しましたが、的中できず残念です。

 

アーモンドアイはいつもの力を出せず惨敗となりましたが、まともでもリスグラシューとどちらが勝ったかといった内容だったのかなと思います。

 

さて、レースラップですが、

6.9 – 11.1 – 11.4 – 11.4 – 11.5 – 12.2 – 12.3 – 12.1 – 11.7 – 12.3 – 13.4 – 12.2 – 12.0

前半4F 45.4(※最初の6.9は除く)

中盤4F 48.3

後半4F 49.9

 

差し追い込み有利のスタミナ勝負の展開。

3~5着に菊花賞馬が入ってきていることからも、スタミナ勝負だったことが窺えるのではないか。

 

断然1番人気のアーモンドアイは1周目のスタンド前で折り合いを欠いてしまい、そこから向こう正面でも力んで走ったまま。

前と横に馬を置かない位置取りになってしまったのが逆に命取りになってしまった格好。

直線を向いた時にはいつもの手応えは残っておらず、ルメール騎手も早々に追うのをやめた。

 

能力の高さのみで2400mのジャパンカップでもレコード勝ちしていたが、本来の適性的には距離も長いはず。

2000mぐらいまでなら、今回のように折り合いを欠いても勝ち負けできたのでは。

牝馬は一度崩れると調子を戻すのに時間が掛かることもよくあるため、来年以降またあの強いアーモンドアイが見れるといいが・・・。

 

4着フィエールマンはアーモンドアイに勝ちに行くために自分から動く競馬をしてのもの。

2、3着馬の方が展開が向いたことを考えれば、着差的にもこの馬の方が強い内容とも言えそうか。

 

8着ヴェロックスは、ここにきて同世代との力差がハッキリ出た感じがする。

春時点からここまで大きな成長がないのかもしれない。

ジャスタウェイ産駒なので、本格化がもう少し先か、ここまでの馬か。

私はまだ前者だと思っているが・・・どうだろうか。

 

12着スワーヴリチャードは残り800mから進んでいかず、レース後も歩様がおかしかったとのことで、力負けではなさそう。

 

中山巧者の引退レースということで果敢にアルアインを狙ってみたが、さすがにこの展開ではきつかったか。

 

しかし、今回の有馬記念は、ただただリスグラシューの桁外れな強さが目立った。

いくら展開が向いたとは言え、あの突き抜け方は強いの一言。

 

ディープインパクト、オルフェーヴルと対戦してみてほしかった。

ぜひ、こちらもご覧ください!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガのお知らせ

馬券人

2019年日本ダービー12番人気ロジャーバローズ
2019年阪神JF4番人気レシステンシア

などの馬から単勝はもちろん!

数々の万馬券を的中させてきている
馬券人の無料メルマガ


このすぐ下にあるフォームより
今すぐ無料登録できます。


メールアドレス必須