記事をお読みになる前に
応援クリックしていただけると
予想の励みになります!


人気ブログランキングへ



どうも、馬券人です。

 

エリザベス女王杯、勝ち馬は個人的に「まさかの」ラッキーライラックでした。

やはり、スミヨン騎手が素晴らしいというか・・・正直、石橋脩騎手のままだったら勝ってないでしょう。

 

さて、レースラップは、

12.7 – 11.6 – 13.3 – 12.7 – 12.5 – 12.8 – 12.3 – 11.6 – 11.5 – 11.4 – 11.7

前半3F 37.6

中盤5F 61.9

後半3F 34.6

 

逃げたクロコスミアが後ろを引き離しつつもスローに持ち込んだ展開。

クロコスミアにとって「これで負けたのなら仕方がない」という内容。

 

ラッキーライラックを除いた上位7頭ぐらいまでが4コーナーの位置取りから大きく変わらないままゴールしているように、後ろにはかなり厳しい流れになった。

 

そんな中、後ろから着順を上げてきた、アルメリアブルームとサトノガーネットあたりは、条件次第では美味しい存在になってくれそうな予感。

 

スカーレットカラーも前に行き過ぎたか、展開的に力を出し切れなかった印象もあり、次走以降人気を落とすようなら見直しても良さそう。

 

エリザベス女王杯の予想のポイント

前年同レースで好走した馬以外の5歳以上は不要

重賞以外から臨戦した馬も不要

逃げ馬~道中4番手ぐらいまでの馬が最低1頭は馬券に絡む

3歳馬は前走が秋華賞、かつ今回も人気サイドの馬のみ

府中牝馬ステークス組は、前走で掲示板内に好走したか、人気を背負っていたら注意

 

来年以降もこのあたりに該当する馬は押さえておきたい。